05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/12(Fri)

Re:本1

僕らの7日間戦争は2日で読み終わりました。

中高生に人気あった、ってだけあって会話が多かったです。

読んだ事ないけど、ラノベってこんな感じなんだろうなぁ、とイメージ。

まぁ、540円で漫画1冊よりは長持ち、って所は良かったのかも。

次はハードボイルド・エッグだだだ。

以下、僕らの7日間戦争の感想。


【More・・・】

時代は1985年という事もあり、古めかしい。

体罰や管理体制の学校側、理解をしない親、といった中学生の苦悩を書いた作品である。

しかし、重いテーマとは裏腹に登場人物は明るく、全く重さを感じさせない。

むしろ、気付くまではある種の冒険活劇に感じてしまう程のワクワク感に襲われる。

ハッとした時にはその社会風刺に驚いてしまう文章であった。

また、雰囲気が明るい為、サクサクと読み進められるのが長所である。

全共闘という過去に行われた学生活動がメインテーマである本作は、その時代を知っている者でなくては実感し辛いのは仕方が無い事である。

しかしながら、過激な活動であったハズの全共闘を中学生のレベルに落とし、小競り合いもソフトに収めている辺りは流石である。

対象年齢を落とし込んではいるが、そのテーマによりどちらかと言えばその時代を知っている者(大人)が読むべきではないか、と感じられた。

全370P、意外と短いと感じる作品だと思います。
スポンサーサイト
22:08  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pira.blog66.fc2.com/tb.php/62-cf8da778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。