05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.12/12(Thu)

ドミニオン Goko中堅杯③-2

フィーリングと人から得た知識だけで戦うすっとこどっこいプレイヤーです、こんばんは

庭園とかシルクロードとかの得点で効率の良くするには~とか、確率的に~なんて考えられません

やって覚える、ただこれだけです

それでも意外と(ある程度のレベルまでは)どうにでもなってしまうのがゲームの良い所でしょうね

前記事で三月類さんとの3試合を記録したので、残りの試合をこちらに記録しておこうと思います

【More・・・】


準決勝-4
先手:三月類さん 勝者:三月類さん

三月類さん:銀貨(4金)-銀貨(3金)-香具師(5金)-武器庫(4金)
ぴ:武器庫(4金)-銀貨(3金)-採集者(3金)-香具師(5金)


公領-公爵に呪いが入って3山が直ぐ枯れる展開が見て取れるサプライ

しかしながら、私、公爵があることに気付いていない

脊髄反射で香具師がいる!採集者がいる!共謀者-宝物庫-岐路とか楽しそうーと完全に明後日の方向を見てる

その結果、決定的な差が2つ

①お金を買うか、岐路を買うか

②銅貨を廃棄するか、しないか(採集者)

初手の武器庫で共謀者と岐路を集めようなどと考えていたため、公爵に気付いた瞬間に目が点に

当然の流れで公領-公爵の枚数に差が生まれ、完敗

完全に分かってないプレイで、三月類さんも呆気に取られたのでは無いだろうか・・・

こういう所がヌルいんだよなぁ


準決勝-5
先手:ぴ 勝者:ぴ

ぴ:銀貨(3金)-馬商人(4金)-鉄工所(4金)-銀貨・浮浪者(5金2購入)
三月類さん:浮浪者(2金)-改良(5金)-馬商人(4金)-銀貨(3金+屋敷廃棄から銀貨獲得)

何点取ればいいのか分からないサプライ

銅・銀・金・隠の財宝4種、屋・公・属・品・庭の勝利点5種の時点で9種になるので、少なくとも品評会は4点確定

品評会が枯れてもそれだけだと3山は厳しいかな?と思っていた所、初手2-5の三月類さんが改良を購入

初手で改良を買ったということは庭園をスルーするのでは?と考え、属州-品評会に庭園を混ぜる案を検討

プランとしては
①とにかく隠し財産(勝利点を買うだけで金貨が増える→庭園の勝利点が上がる)
②購入・獲得数の確保(鉄工所・馬商人)
③庭園・品評会の点数で負けないようにしつつ、属州も買えるデッキ(お金が出せるように)

どうせ勝利点が多くなって細かい点数計算できなくなるので、種類とデッキ総数だけ気にするプレイ

うまいこと早期に隠し財産3枚を獲得でき、庭園を2枚購入(15T目)しても取りに来ないのを見て、ラス1でも無い限りは属州は買わず、品評会を4-4で分けられるように祈るプレイ

結果的に59枚のデッキまで膨れ上がったにも関わらず、属州を勝ってゲームエンド

金貨は1枚も買ってないにも関わらず12枚も持っているので、長期戦での隠し財産の強さが分かる

とはいえ、三月さんもデッキが30枚を越す事が分かっていたら庭園カットも早かっただろうし、初手2-5ではなく3-4だったら別の展開になっていたのではないだろうか

やはり特殊勝利点がある場は難しい


結果は4-1で勝利し、決勝進出となりました

相性の問題もあったんだろうなぁと思いつつ、こんなところまで来れてしまいました

すでに決勝が決まっているフェアリー麻雀会の雄、ヒロタシ氏には過去2回挑んで、2回とも圧倒的敗北という状況

もう1枠(12/11時点で未定)のnekotan氏は戦った事が無く、かびぼうず氏は予選で普通にアカンと思ったレベルの方

絶望感が襲うけど、頑張るしかない
スポンサーサイト
00:10  |  ゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pira.blog66.fc2.com/tb.php/143-e1480e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。