07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.02/19(Thu)

「若武者」より「いぶき」かな

先の更新があまりにもヒドイ内容だったので、読んだ本でも。
※題名の下は背表紙に書いてある内容を短くしたものです。

ハートブレイク・レストラン/松尾由美
 フリーライターの主人公が利用しているファミレスに居るお婆ちゃん名探偵の活躍する
 ハートウォーミングな連作ミステリー!

ドミノ/恩田陸
 真夏の東京駅、28人の登場人物がもつれあい、すれ違う一瞬、運命のドミノが倒れてゆく!
 スピード感溢れるパニックコメディの大傑作!

ネクロポリス(上・下)/恩田陸
 懐かしい故人と再会できる場所「アナザー・ヒル」そこで起きる事件とは・・・!
 
夜の光/坂木司
 慰めなんかいらない。癒されなくていい。欲しいのは、星の距離感。
 これは天文部に集うスパイたちが、最前線で繰り広げた戦闘の記録。

流れ星が消えないうちに/橋本紡
 忘れない、忘れられない。あの笑顔を。一緒に過ごした時間の輝きを。
 悲しみの果てで向かい合う心と心。せつなさあふれる、恋愛小説の新しい名作。

追記:感想

【More・・・】


ハートブレイク・レストラン/松尾由美
 ハートウォーミングな、とは言うが、そこまで心温まる話ではない。
 日常の非日常、といった謎を解いていくことでストーリーは進む。
 とてつもなく熱中するものでもないが、無難な内容といった所。

ドミノ/恩田陸
 登場人物が非常に多い。
 冒頭に28人の自己紹介があるが、物語中でごちゃごちゃになってしまう。
 次第に整理されて来た頃に、ドミノが倒れて行く為、最後に近づくにつれ、爽快感が出てくる。
 28人もの人間を書き分ける文章力はすごいと思う。

ネクロポリス(上・下)/恩田陸
 設定、文化が特異な雰囲気を出しており、まるでRPGの世界。
 上、下巻共に話を読み進める事には全く抵抗は無い。
 が、伏線を張りすぎたか、設定を広げすぎたか、中途半端なところで終わってしまう。
 物語上の文化ではそれも解法の1つなのだろうが、釈然としない。
 上・中・下の3巻である程度の結末を持たせて欲しい所だった。

夜の光/坂木司
 「スパイ」という表現や文章中の表現がやや物語すぎる感じがする。
 が、話自体は面白い。
 主人公達の気持ちに共感できる部分が少なからずあるはず。

流れ星が消えないうちに/橋本紡
 表紙に魅かれただけで、恋愛小説とは思わず手に取った1冊。
 彼氏を亡くした女と、親友を亡くした男の心を埋める迄の葛藤を書いた作品。
 たまには恋愛小説も良いものだな、と思えた作品。
スポンサーサイト
00:14  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pira.blog66.fc2.com/tb.php/112-fa7f78f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。